スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前を見ているぞ



B43R2550s.jpg
はい、相変わらずバカなことしか書いてないKJでございます。
オーストラリアに生息するストーンゲッコーの一種、キスジイシヤモリです。
お店に長く売れ残っていた子を、自分用の誕生日プレゼントとして購入。
花崗岩の表面のような体色、鮮やかな尻尾の黄スジ、真っ赤な目!
とという特異なビジュアルを持つヤモリです。
ご覧の通りの樹上棲でかつ乾燥を好むというのもちょっと変わったところ。

この写真は別に呪いをかけようとしているわけではなく、単にメシをよこせと
飼い主のほうに視線を送っているだけです(笑
情報が少ない種なので飼育は手探りですが、ドイツCBということもあってか
気難しさもなく、冷凍餌をピンセットから食べるし、人影を見ると寄ってくる
ようになりつつあるしで、とっても飼いやすいです。
名前は”ごま塩”にしました。いつも通りセンスの無さが炸裂しております。

B43R3583s.jpg

B43R3589s.jpg
グラステラリウム・ナノを毎度の自作木箱に入れて熱を逃がさないようにしつつ、
換気口も多めにとって湿気が籠らないようにしています。
床材はカラカラのヤシガラと落ち葉。表面がザラついた枝流木をどーんと入れて
活動・休息の場としています。けっこう気に入ってくれている模様。
あとは完全に飼い主の自己満足で細葉のエアープランツを入れてます。
温度はケージ内で30度〜25度の勾配を付けて、湿度はいつも30%ほど、
水は霧吹きであげてます。
スポンサーサイト

ヒダその後

B43R2958ss.jpg
購入した時の記事しか書いてなかったのに気付きまして(汗
ヒダサンショウウオ、元気にしています。
当初やっていたビバリウム飼育はやめました。苔をひっくり返して
その下に潜り込んだまま引きこもってしまうので。
で、プラケースに水苔を敷き詰めただけのシンプルな環境にした途端、
よく歩きまわるようになり、ピンセットからのレプトミンにもあっさり餌付きました。

B43R2980ss.jpg
昨年の秋にパトロン有尾類館の見学に行った際、アクリル水槽の壁面に
べっちょり張り付いてメシくれポーズをするヒダに衝撃を受けまして。
あんな風になってくれればなぁ…と思ったものですが、少しそれに近づいたかなと
思ってます。
わりといつでも姿を見られるようになったので、この美しい金箔模様を楽しんでます。
ちなみに名前はノブナガ、です。

B43R2985ss.jpg
プラケ、水苔、シェルターだけの超シンプル飼育です。
プラケエリアも観賞用に30cmサイズのLEDライトを間隔を空けて2台設置して
いるのですが、その明かりの影響で水苔が復活してます。
国産の物は単に乾燥させているだけなので、スーパー丈夫なこの植物は
水と光と温度を与えれば生き返ります。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。