スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムグリファイヤー


ポルトガルファイヤーサラマンダーって、半地中棲でしたっけ?
我が家の子だけなのかもしれませんが、とにかく穴掘り大好きです。
普通に苔を敷いたビバリウムで何度も挑戦してみたのですが、
全てほじくり返されてお亡くなりに…。
一度、姿が見えないので苔をひっくり返して捜索したら、苔の下に
タコ壷状の大穴を掘ってくつろいでいたという事すらあります。
おめーはカブトムシの幼虫か!!!

…というわけで、この子も苔は諦めてフォレストフロアをバラ撒いてみました。
割と固い素材なので無闇にほじくり返す事もなくなり、
大人しくシェルターの中だけでホジホジするようになりました。
上陸幼体から飼い始めて1年ちょっと、だいぶ成長しました。
模様はライン状にポツポツ、赤は顔の周りだけに出て、グレー斑が
全身に出始めるという、いい感じの小汚なさです。
この写真を撮る前に高圧霧吹きプシャー!で洗車したのですが、
一見ゴミが付いてるようですよね?こういう体色が魅力な種です。

B43R8643s.jpg
全体はこんな感じ。
ずっと潜っているわけではなく、植物も容赦なくストンピングするので
繊細な種は全て諦めました。何事にもメゲない超丈夫なプミラと、
たまたまホムセンで見付けて安かったのでアロカシアをドーンと一株。
スポンサーサイト

我が家の飼育環境ver2.0


みなさん暑中お見舞い申し上げます。
クッソ暑い昨今ではありますが、緑の多い涼しげな写真をどうぞ。
ていうか実際涼しいもんねー!この部屋だけだけど!

前回から最も変化しているアクアリウムラックです。
中段を追加した後、バンナアシナシイモリのケージを移動させ、
ワイルドスカイオリジナルケージとブチのアクリルケージを置いたので
だいぶ埋まってきました。空きスペースにはGBBを置いてありますが、
アクリルをもう一つ置くことはできます。
上段は特に変わりなし。下段は右二つがタイガーサラマンダー用の
特大プラケになってます。水槽の水温は23度で安定。

B43R8592s.jpg
ビバリウムラック1号。ここは既報ではありますが、左中段がグラテラの
ナノキューブ3つに変わってます。普通の水槽でのビバリウムは二度と
やらない、必ず爬虫両生類専用の既製品を使うと決めてますので。
左のは、ハチクラさんで買ってそのまま放置してあるアクリルケージ(笑
あとこのラックの最低部は5cmほど隙間があるので、そこに予備の床材
とかを突っ込んであります。

B43R8597s.jpg
ビバリウムラック1号の裏側にあるビバリウムラック3号。
一応、完成してます。アクリルケージ2つづつが3段。
最下段はエーハイムのガラスケージ。

B43R8599s.jpg
ビバリウムラック2号とゲッコーレジデンス。
ここはグラテラ3030を中段に上げて、下段をアクリルケージ3つに変更。
最下段は真ん中のケージにアメイロイボイモリが入ってますが、両隣は
植物だけの空き家になってます。オキナワシリケンイモリのケンさんは
上のグラテラに移ってもらいました。最上段は変化なし。
左にドドーンと背が高くなってしまったゲッコーレジデンス。
中下段はランドゲッコー用。上段がツリーゲッコー用なのは変わらず。

こんな感じです。ま、当面はスペースの拡張はせず、今あるもので
回していこうと思ってます。

ホエヤモリ続報


特に変わったこともないんですが、とにかく飼育情報の少ない種なので
自分用の記録と情報発信を兼ねてということで。
名前はロベルトにしました。コッホと言えば偉い学者さんなので…(笑

B43R8308s.jpg
穴掘りゲッコーなので隠れっ放しも覚悟していたのですが、CBであるためか
空腹になると勝手に出て来るし、人も恐れませんね。
ちょうどケージの前面でシャカシャカ動き回っていたので体長を測定。
だいたい6cmくらいでしょうか。強面だけど指1本くらいのサイズです。

B43R8299s.jpg
通常はミルワームと冷凍コオロギをあげています。
多少大きめでも口に入るサイズであれば飲み込んでしまいます。
一匹食べれば満足するようで、その後3、4日は餌に興味を示さなくなります。
最初は「あれっ??」と不安になりましたが、数日経てばまた猛烈な勢いで
食い付いてくるので、小さいだけあってかなり省エネな生き物のようです。
ワラジムシをあげてみましたが、初めて見るらしく、しばらく後を追いかけては
様子を伺うという行動を繰り返してました。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。