スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたし、きれい?

B43R5843s.jpg
ギャ━━━━(゚д゚)━━━━!!

って言うほど裂けてるようには見えないじゃん…。
はい、アグリコラ・クチサケヤモリです。
先日のゲッコーレジデンス2階の左側に入居してもらいました。
実際に裂けているわけではなく、そう見えるって事らしいですけど、はて?
ツリーゲッコーのケージを小分けにする為、もう一種類入れようと色々検討して
みたのですが、第一候補だったガゴはこのケージではちょっと狭い…。
そこで、アオマルメと同じく人工飼料も食べ、小型で、あんまりダッシュしない
そんな都合のいい種はいないよな〜とバイブルその弐を眺めていたら、
いるんですねぇ。
というわけでバイブルその弐の著者さんのお店、エンゾーさんへ。
ドイツCBの子が一匹だけ。入荷日は半年以上前で、サイトの在庫情報にも
載ってないので売れ残ってたみたいです。
床材はガッツリ湿らせて湿度高め、虫よりフードのほうが断然食い付きが良い、
とのアドバイスを貰いました。
で、購入の翌日から物怖じする事もなく、さっそくデイゲッコーフードを
ペロペロしてました。残り物には福がある(笑

B43R5794s.jpg
ノキシノブの葉の上で顎を載せて休憩中。犬がこういうのよくやりますね。
苔むした樹皮に擬態してるんでしょうか?立体ダッシュのアオマルメと違って、
ぬと〜〜〜っと実にスローリーな動きをします。しかも距離感を把握するのが
下手なのか、別のところに移ろうと前足を伸ばして届かなくて、あれ?う〜ん?と
固まってたりします。
アホかわいいです(笑
スポンサーサイト

好きな言葉:収納 嫌いな言葉:デッドスペース


アクアリウムラックの工事もやってました。
これはマーフィード社の90cm水槽用の木製ラックなのですが、
下段に小型水槽を並べると高さが余っちゃうんですよね。
なので下段の真ん中に板を置いて、変則3段ラックに改造しました。
ちょっと大げさすぎたかなってくらい、めちゃ頑丈になってます。
最上段は完全水棲種の3匹、アンダーソン、ワンちゃん、サイレン用となり、
最下段はついにプラケ導入(笑
こないだの謎サラマンダー幼生やペニンシュラたちはここへ。
で、中段はとりあえず丸々空き家です。
陸棲有尾類のスペースになることだけは決まってますが、何を飼うとかの
アテは全くありません。要するにスペース作ってみただけ。
そもそも、ビバリウムラック2号と3号にもまだ空き家があるという。
まー別にスペースを埋めることが目的ではないので、そのうち
なにか面白いのが来ればいいな〜くらいに思ってます。

あと今回の発見。
エアーポンプは水作製の水心シリーズが断然良いと分かりました。
今までニチドウのノンノイズという製品を一つ使っていたのですが、
今回の改造で最下段用と別にサイレン水槽にも用意する必要があったので、
予備として買ったまま仕舞いっ放しだった水心を出したのです。
そしたらビックリ。こっちのほうが全然静かじゃないか!と。
エアーのポコポコ音のほうが大きいくらいのレベルです。
下段のも水心に変えようかな〜。

ゲッコー・レジデンス作成


アオマルメヤモリ用の一軒家、グラテラ30x45があった場所を、
四棟アパートに変更しました。
設計は昨日、作成は今日の突貫工事です(笑
最大の理由は暴れん坊ロボロ。もーね、ワイルドクワリウムのベンチレーターから
ザッザカ、ザッザカと毎日砂を掻き出すし、扉を開ければメシが欲しすぎて
毎度突進→転落寸前、という問題行動が多かったので、管理しやすいアクリルに
変更してしまおうと。ヒーターがサバクトカゲモドキと共用なので、一緒に転居
してもらいました。
シートヒーターのコントローラーが前面に飛び出しているのが不満ではありますが、
シェルター部分はひんやり空間でないといけないし、床暖房が前の方にあれば
暖まりに来る時に観察できるし、という管理上の利点を優先しました。
左の白い砂がロボロ。右の赤い砂がトカゲモドキです。水入れの色も砂に
合わせてあります。

上段はピクタの極育養箱です。
上と下のサイズが合ってません。設計ミスです(笑
だってー、ピクタのカタログスペックだと200x200x360になってるんですよ?
現物が届いて台座の膨らみ部分が入ってないと知ったのは、既に下段の板を
カットしてしまった後だったという…。
まあこの保温箱は上下で完全に別物で、単にポンと重ね置きしてあるだけなので、
別の場所が確保できればどちらかを中のケージごと移動させる事が可能です。
右はアオマルメ用ですが、左は空き家です。
ミットサラマンダーが…はい、来ないですよね。
こないだペペさんにカエルのお誘いを頂きましたが、すいません!我が家は
鳴く生き物は不可なのです。私自身、決してカエル嫌いじゃないんですけどね…。
で、ニューカレドニア産のゲッコーくんを入れてみようかなーと。
先日お店に行った時にちょっと変わった子がいるのを知って、まあなんか
売れ残ってるみたいだし、今週一杯だれも買わなければ私が…と思ってます。

ちなみにアクリル板のドアはまだ付けてません。
寒くなる時期までこのままでもいいかな?

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。