スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカミミ大地に立つ!!


立ちました。はい。

ガラスがきったないですが、全てこの子が毎日ペタペタやる所為です(笑
脅威の国内CB!
11月頃だったかな、プミリオさんに数匹入って国内CBだと聞いて驚いたのですが、
その時は購入せずあとで後悔しました。ほんで年末にハチクラ大宮にお目見えし、
ダッシュで手に入れました。
石ころのようないかにも不活発そうな姿でしたが、お店のお姉さん曰くコイチョウを
育てているなら楽勝ですよと。ほんとかな〜とだいぶ懐疑的でしたが、
すいませんホントでした。めちゃ活発です!
まだ全長40mmほどのチビっこですが、人の姿を追って右に左にトコトコ歩き回るし、
ご覧のようにメシくれポーズはするし、見ていて実に楽しいですね。
最大の特徴のアカミミ部分はまだ淡い黄色という感じ。尻尾は既になが〜いです。
一瞬「えっ」と思うくらい割と高額ですが、この健康優良児っぷりなので
全く文句はありません(笑
スポンサーサイト

スクープショット!

B43R4939ss.jpg
我が家の巨大ミミズくん、バンナアシアシイモリの撮影に初めて成功しました!!!

…え〜っと、自宅にいるマイペットなんですけどね。
今更やっと写真一枚でこの騒ぎですよ。
しかもほんとは手前の葉っぱの上まで伸びてたんですが、あああカメラカメラ
とやっているうちにニョイ〜〜ンと縮んで行き、この写真の直後にスポンッと
消え去りました。おふぅ。
まあアクリル面に沿った穴の中でにょこにょこしている姿は時々見るんですが、
照明が付いてる時にこんな風に外に出てるのを見るのは初めてでした。
手前の見える所にいる時にミミズを投入するとパクッと食い付く姿が見れますが、
咥えたまま「はいさようなら〜」と奥に消えます。
ネット界隈では崩れさん家の子たちが有名?だし、我が家のバイブルにも
p107『無足目』の項で慣れると書かれているし、私もそれを目指してはいるのですが
今のところ成果はサッパリです。
ビジュアル的に一般受けはまずしない生き物だとは思いますが、バンナやコータオは
頭から尻尾まで黄色いラインが伸びていて、これがけっこう綺麗なんです。
ただのミミズじゃこうはいかないよ〜(笑

青いやつ

B43R4954ss.jpg
前回の記事からさっそく増えてます(笑
今まで地表の生き物用のビバリウムばかりだったので、一つだけ縦型のを作ろうと。
ミットサラマンダーでもいればそうしたい所ですが、まあ無理っぽいのでヤモリに。
有尾飼いで悩ましい事のひとつは青い種がいないこと。アオボシサラマンダーを
探しているのも単純に、少しでも青みのある有尾が欲しいな〜てことです。
我が家には青成分が足りない!
…ということで樹上性の小型種アオマルメヤモリをペアでお迎えしました。
初心者向けと聞いていたのですが、連れてきてからのここ数日餌を食べてくれない。
デイゲッコーフード、ゼリー数種、バナナペーストなど試しては食べずを繰り返して
いたのですが、今日になってジクラの爬虫類ゼリーとデイゲッコーフードを混ぜた
ものを雄も雌も食べてくれました。はい安心〜。
ただペアの仲が悪いみたいなんですよねぇ。雌は常に一番いいバスキングスポットに
陣取ってピリピリしていて、雄は突つかれても何されてもヒラヒラかわして好きに
やっているという感じです。う〜んどうなんだこれ。

B43R4963ss.jpg
グラステラリウム45×30にコンパクトトップを搭載した状態で木製カバー。
右側面にシートヒーターを貼付けていますが、それだけだと火力が足りない
感じなので、カバー上面からセラミックヒーターを照射しています。
縦に長いので、なるべく熱を逃さないようグラテラ本体の扉ギリギリまで
カバーリングしています。
元のバックボードは引っぺがしてヘゴ板を使用。マメヅタや苔を電気工事用の
ビスを打ち込んで留めてみました。
チビヤモリが葉の上に楽に乗れるくらいのアスプレニウムなど、全て生きている
植物を突っ込んでやりたい放題やってみました〜。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。