スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最難関植物


どうも、相変わらずアクアスキル0のKJでございます。
ここ半年ほど、ミクロソリウムのナローリーフタイプというちょっとオシャレっぽい
水草に挑戦してきたのですが、一度もまともに伸びずデロデロにしてしまい、
ついに諦めました(白目
で、二つ隣のレッサーサイレンの水槽では何故か順調に育っていた普通の
ミクロソリウムを移籍。
色々と原因を考えているのですが、光が強すぎるなんて事があるのかなぁ?
ビバリウムで使っているコトブキのフラットLEDではなく、この完全水棲種用の
30cmキューブ水槽x3だけはアクアシステムのアクシーファインというライトを
使っているのです。アームで上から吊るすタイプで、水換え作業のスペースを
楽に確保できるという理由で。
サイレン水槽は飛び出し防止の為に黒い網蓋をしてあるので、かな〜り
水底に届く光が抑えられているのです。
ひょっとして水草というのは私が思っているより低光量下で育つものなの
だろうか。まーこんなこと書いてる時点でシロウト丸出しなんですよね〜(笑

B43R7890s.jpg
今日は空中浮遊。
アンダーソンくんと正式に名付けました。マトリックスのアレです。
我が家に来て一年以上たちますが、あんまり大きくなっている様子がないですね。
それだけ成長が遅い種なんでしょうか。
まあ私としてはネットで見るAmbystoma andersoniの厳つい顔つきより、
今のこの子の丸顔のほうが好きなので、この状態が長く続いたほうが
嬉しいんですけどね。ただ成熟してオレンジが発色するのも見たい
気持ちもあるんですよね〜。悩ましい。
スポンサーサイト

ていっっっ!


見よ、この躍動感!
メシくれダンスもこれくらいアグレッシブにやられると、つい余計に
あげてしまいたくなります(笑
GW半ば、本来であれば富士スピードウェイという所へ出ずっぱりの
予定だったのですが、体調がよろしくなくて相変わらずペットの写真を
撮るだけに留まりました〜。

先週せっかく水棲種の水槽群を徹底掃除したので、綺麗なうちに
集中的にパシャパシャ撮っておこうかと。
メシくれダンスで言えばサイレンのほうがもっと派手ですね。なにせ
昇り龍ならぬ昇りウナギですから。

なんじゃワレ


本人的にはわりと真剣みたいです。
最近、アクアリウムラックのほうから夜な夜な「ブビッ」だの「うっぽぁ」だのと
変な音がするので、外部フィルターが水漏れしたのかと焦りました。ますよね?
どうもこの子が水面で空気を吸う音だったみたいです。
購入当初は無音でやってたんだけどな。成長してくると音をたてるもの
なんでしょうか。まあ、まだそんなに大きくなってないですけど。

B43R5497s.jpg
そんなところをホジホジしたってメシはありませんよ(笑

アンダーソンくん


なんだか弾を避けるのがとっても得意そうな名前ですね。
我が家の水棲種の中で最も人慣れしていて、私としても大好きな子です。
来訪者に好評なのも概ね彼です。他人に説明する時は、ウーパールーパーの野生版?
みたいな?と適当なことを言っていますが、私もあんまり分かってません。
四肢をジタバタさせて水底を「メシッ、メシィッ」と探しまわり、
時々そのままの姿勢でフリーズしては外鰓だけをワッサワッサと動かす…という
本人は至って真剣なんであろうユーモラスな姿に癒されまくります。
B43R4651ss.jpg
ちょっと気取って熱帯魚用品の高級ブランド?のADA製品なぞ使っていますが…
汚いですね、はい。どうにもこうにも私にアクアリウムを綺麗に維持するセンスが
ないようで、常時コケだらけです。
奥のガラスは面倒になって掃除してません。水草も、超弩級に簡単な筈の
ミクロソリウムですらこの有様…。
水換えはちゃんと定期的にやってるんですけどねぇ。なんなのほんと。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。