スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ササクレてるやつら


KJ製ゲッコーレジデンスは一階につき2ケージ入るので。
ヒーターも2ケージ同時に暖める設計になっているので。
片側が空き家だともったいないので。
…まあそんなわけでまたもドマイナーなゲッコー。
Paroedura androyensis(ヒメササクレヤモリ)です。
有名なソメワケササクレヤモリと同じマダガスカル産で、ササクレヤモリの
最少種です。アダルトで7cmほど?
日本ではあまり飼ってるかたもいらっしゃらないようで、ちびっこかつ
この超絶地味な枯葉色では致し方なし。でもよく見ると可愛いんですよ!
こちらはメスで6cmほど。割と活発です。

B43R8171s.jpg
こちらはオス。5cmほどと極小です。
が、自分の体の半分近くもありそうなミルワームを平気で食べちゃいます。
ソメワケ並みの頑健種だそうで、それは飼ってみて実感します。
ピンセットでワームのシッポのほうを差し出すと、しばらく首を傾げて
考えた後、ササッと回り込んで頭からバクッと。小さいけど賢いぞ。

B43R8168s.jpg
ササクレーズ用のビバリウム?
手前はヒーターありの乾燥ヤシガラゾーン。奥はタッパに湿らせたヤシガラと
多肉植物を植え込んだヒーター無しウェットゾーン。タッパを取り出せば床材の
全取り替えが容易にできるケージにしてます。
ペア売りだったので、私にしては珍しくペア飼いしてます。産卵まではわりと
簡単に行くそうで、既にそれらしい行動も…。ハッチ後が極小サイズで苦労
しそうですが、この一種だけだし、その時は覚悟決めてやってみようかと。

ちなみに、当初はサラマンダーゲッコーという有尾類好きの心をくすぐる
珍妙なゲッコーが第一候補だったのです。が、いざ実物を見てみると
2cmちょいの体躯。しかもこれでも大きいほうだという…。
いや無理でしょ無理!てことで第二候補だったササクレーズになったのでした…。
スポンサーサイト

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。