スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスカルのお家をご紹介


ワイルドスカイさんのオリジナルガラスケージ、30x30x25で作ったビバリウム。
まだ植栽から一ヶ月もたってないので完成にはほど遠いですけど。
久しぶりに高さのあるビバリウムだったので、中央部を思い切り盛り土して
そこに枝状の流木(市ヶ谷の熱帯魚屋さんで大量の在庫をひっくり返し
まくって厳選しました。笑)を設置。
枝の隙間をシノブゴケ、クラマゴケ、ノキシノブで埋めることで、木の根元
のような雰囲気を出してみました。
あとは左にマコデス・ペトラ、右にイヌアミシダを植えて変化を付けるという
感じで。シノブゴケが流木を覆うように育ってくれると、自然な感じになって
もっと見栄えがするようになる筈です。まああと半年は軽く必要です。

B43R7851s.jpg
こうやってペトラが苔やシダに埋もれながらも育ってゆく、みたいな光景が
好きなのさ、フフ。もっと周りの植物がワサワサ育てば、怪しい雰囲気が
演出できると思います。

B43R7840s.jpg
肝心のここの主は、シェルターにいる時は無愛想です。
入り口にレプトミンを差し出せば数秒でトコトコやってきますが、パクッとやった
数秒後には後ずさりして消えます。その数秒間での撮影。
まーそのうちフロントベンチレーターの部分に居座る子になる事でしょう。
スポンサーサイト

ア ル ジェ 降 臨 (本当)


撮れました。
アルジェリアサラマンダーのベビーです。
まあ、その、この写真見て基亜種とどう違うのかと言われればアレですが…。
肉眼で見るぶんには結構ひょろ長い感じが出てるんですよ!…よ。

カビが目立ちますが、どうせ一ヶ月もすれば消えるので見ないふり(笑
パスカルと名付ける事にしました。アフリカンの血筋を持つドイツ生まれと
という所がドイツの黒人レーサー、パスカル・ウェーレインを連想したので。
知らねーよって?そうですよねはい。まあ来年はF1ドライバーやってますよ。
頭胴長ではなく、シッポも含めた全長で3cmちょっと。小さいです。
しかしかなりのやんちゃで、わりとシェルターの外に出てトコトコ歩きまわって
います。自分の頭くらいあるレプトミン小の1/3カットを平気でバクっと食べて
しまいます。
我が家のペットの中でも、体の大きさと購入価格がブッちぎりで釣り合って
ない子なので、この健康優良児っぷりには心の底から安心しています。
moiさんには、あまりに小さいので成長するまでビバリウムでは飼えない
かもと言いましたが、変に植物の隙間に入ったりもせず、シェルターか
オープンスペースのどちらかにいるので発見も容易で、このままの環境で
飼い続けられそうです。

B43R7784s.jpg
動植物はいいとして、ケージに少し問題が。
ミスティングシステム用の穴は大きめのピットクッションで塞いだのでいいとして、
スライド扉の合わせ部分に大きな隙間が!
パスカルが頭をねじ込めば通ってしまいそうなくらい、空いてます。
ケージを受け取る際、松園さんからこの部分の塞ぎ方を教えていただいたのですが、
飼うのはヤドクではなくサラマンダーで、微小な生き餌も使わないので大丈夫です!
なんて言ってたんですが、全然大丈夫じゃなかったという(笑
なので松園さんのアドバイスを思い出して、隙間テープを細く切って貼付けました。

ア ル ジェ 降 臨(不発)


えーっと、はい。予定通りすんごいサラマンダーが我が家にやってきました。
…写真はありませんけど(爆

アフリカ大陸に生息する有尾類、アルジェリアサラマンダー。の極小ベビーです。
金曜日の夜に我が家にやってきて、一刻も早くと本ケージに移したはいいのですが、
シェルターの奥底にちっさい子がいるわけで、写真が撮れるはずもなく。
どんな感じかはmoiさんがツイッターに上げているので、そちらをご覧ください。
ファイヤーの近縁種で、今現在の姿もマダラファイヤーのベビーとパッと見では
そう大差はないです。私に言わせていただければ「明らかに胴長だし!クワッ!」と
なるのですが。
わたくしあんまり種類とかにこだわりが無いのですが、ギグリことイタリアファイヤーと
このアルジェことアルジェリアサラマンダーだけは憧れだったのです。
ファイヤーサラマンダーとは違うスラリとした胴長体型で、アフリカに生息するという
特異性がなんともロマンチックといいますか。
まあしかし派手なわけでもなく、現地の保護政策もあり、ペットトレードに乗らなくなって
しまったそうで。今回、もの凄い幸運に恵まれ一匹だけお迎えする事ができました。
まさか上陸直後レベルのサイズで来るとは思いませんでしたが、我が家のポルトガル
ファイヤーもこれくらいのサイズから育てた経験があるし、アルジェ自体は丈夫な種
であるらしいので、じっくり育てようと思います。
この子の写真は撮れ次第、載せますので…(笑

ちなみに今回はmoiさんの個人的な買い物に便乗して、共同購入という形にさせて
いただきました。そんで、受け取りにかこつけて飼育部屋の見学も。
我が家より頭数が多いのに、我が家より断然コンパクトにまとまっていました。
床材の使い分けとかは参考になりますね〜。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。