スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブチありブチイモリ その弐

B43R8026s.jpg

B43R7998s.jpg
陸飼いを始めて三ヶ月ほど経ちました。
もう完全に人にも馴れ、小さいナリでレプトミンを一粒まるごとパクッと
食べています。けっこう活発で、明るいうちから高いところに登ったりと
ヨーロッパ種のマダライモリと似たような生活を送ってます。
皮膚は完全に水を弾くようになっており、霧吹きの水が掛かると
ダッシュで逃げ出します。
我が家の飼育書をよくよく読んでみると、日本語のも英語のも半陸/半水棲で
あるとしっかり書いてあるのに、なぜかわたくしブチイモリが完全水棲種だと
長いこと思い込んでいたんですよねぇ。反省です。

B43R8008s.jpg
ブチ用の新しいビバリウム。
ワイルドクワリウムだと、このちびっこ一匹には広すぎてスペースが
勿体ないので、アクリルケージを二つ並べる事にしました。
これでもう一種飼えるわけです(笑
植物はほとんど元のケージからの移植ですが、ツルデンダを一株だけ
導入してみました。オシダ科の植物はなぜか苦手で、これも長期栽培
できるかどーか、自信はないのですけど。お試しでやってみます。
スポンサーサイト

ブチありブチイモリ


要するに普通のブチイモリです、はい。
moiさんを始めネット界隈では、ブチというとすぐ死ヌ、即座に死ヌ、ただちに死ヌと
飼育難種と広く言われているようなので、水棲でそんな弱い種は興味ナッシング!
だったのですが、先月エンゾーさんに陸棲形態という事で入荷してまして。
ブチイモリは赤くなくなったらずっと水棲だと思い込んでいたんですが、
その直前にTosh@99Hさんの陸飼いを見て、初めて陸でも飼えるんだと知ったのでした。
ビバリウムで飼えるなら私のスキルでいけるかも?と俄然興味が涌き、
でもすぐ死んじゃうかもな〜と思い、今まで記事にしてませんでした。
で、ひと月近く経過したのですが、本日ピンセットからレプトミンを食べました〜。
プルンッと水を弾くお肌になって、植物の合間をトコトコ歩き回ってます。
…あら?別に難しくないような?(笑

B43R7605s.jpg
こんな感じでごく普通のビバリウムに入れてます。
湿度は高め。
右手前に園芸店で入手した素焼きの受け皿を水場として設置していますが、
入ってるのを見た事はありません。大抵、後ろの植物の中にいます。
臆病なのかあまり姿を見せませんが、レプトミンに餌付いたのでこれから
段々と馴れて表に出てきてくれるんじゃないかと、期待してます。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。