スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバーシブルイモリ


今日は色が濃いめです。
キメアラフトイモリとブチフトイモリの両方の特徴が出ている変な子。
こないだmoiさんに「交雑種ではないか?」との指摘をいただき、
そんな気がしてきている昨今です。
というわけで、名前はニコイチにしました。何か微妙に間違っているような?(笑

で、別段この子に変化はなく平穏に暮らしているわけですが、
一緒に入っていた植物は変化おおアリで…。
というかまたしても・案の定・一ヶ月ぶり何回目?の水草枯らしで
ございます。詫び草の有茎草MIXを導入したのですが、デロデロに
なって全て枯れました。なんでや…(泣
なのでもういい加減、詫び草は諦めました。
放り込むだけで育つ筈の超簡単水草、その名もウィローモス!
…を熱帯魚屋さんで1カップ買って丸ごと入れました。
スポンサーサイト

明るいフトイモ


こないだよりちゃんとした写真が撮れたので、再びキメアラフトイモリです。
有尾類は基本的に体色は変化させられないとお店で聞いたのですが、
この子は気分によって?かなり変わります。
ぼ〜っとしている時はムハンフトのように濃い褐色で、
メシを投入→捕食→「モットヨコセ」とテンションが上がると写真のような明るい
色になってブチが目立ちます。ほんの数分で変わります。
これって珍しい生態なのかなぁ?

B43R7550s.jpg
完全に人慣れしていて、カメラを向けてもじーっと見つめ返してきます。
もうあげないよ!二粒も食べたでしょ!

ムハンジャナクネフトイモリ


ぢつは先日、エンゾーさんでこんな子も購入してしまったのでした…。
水モノが苦手と連呼している私ですが、嫌いではないのです。
フトイモリはあのボテッとした感じが好きでずっと気にはなっていたのですが、
見掛ける度に「水物は増やさない…水物は増やさない…」と念じてきたのです。
で、ちらっと有尾類コーナーを見ると妙なブチ模様のイモリが。
売り切れた筈のブチフトイモリが手違いで残ってたのかと思ったのですが、
前から在庫しているムハンの地域変種なんだそうです。
確かに、moiさんやTosh@99Hさんの子たちと見比べると、地肌は鮮やかな
オレンジではなく赤黒いし、サイドには赤い破線が通っているし、
Pachytriton brevipesでないのは確かなようです。
でも手足を含め全身にブチ模様が散っているのはハッキリ見えるし、
じゃあ何なのっていうと謎すぎるわけですが。

B43R6072s.jpg
ぺしゃっと潰れたような顔つきと眠そうな目つきが特徴です。
ウーパー小粒をパクパク食べているし、人間を恐れる様子もなく、
お値段は普通のムハンと変わらず格安と、またしても売れ残りで
当たりを引いてしまったか…(笑

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。