スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メシ待ちベル子


英名のベルコーサス・イボイモリを略してベルコと言うかたもいるので、
そこからとってベル子と名付けました。オスだったらごめんね。

2週間目で、自分から人の姿を追ってメシ待ちするようになりました。
うん、これが普通なんですよね。
活発に動き回っているし、この子は大丈夫な気がします。
あとは成長期の皮膚病とかに注意ですね。
というか早くも苔の一部が枯れはじめているわけですが…。
やはりイボイモリと苔の枯死には大いに関係があるっぽい…。

B43R7805s.jpg
プチレアな植物、イヌアミシダです。
細い茎から伸びる大きな丸い葉っぱが特徴のシダ。
二ヶ月ほど栽培してますが、スローペースながら新葉も展開していて
調子は良いです。
ただ茎が繊細なので、ベル子が成長して上からムギュッとされたらマズいかも(笑
スポンサーサイト

懺悔タイム、はっじまるよー♪


週明けから仕事がフルスロットルで壊れ気味です。KJです。

はい、前回の記事で2匹のCBベビーをお迎えした事を書きましたが、
実はあれから二週間ほどで死なせてしまいました…。
レプトミンを食べるものの、食そのものに興味が薄いようで、反応が悪い。
そしていざ食べても飲み込むのがすっごい下手で時間が掛かる。
前者はコイチョウベビー、後者はアカミミベビーで経験した事だったので、
イボイモリってそういうものなのかな?と思っていたのですが、数日すると
全く食べなくなり、苔をひっぺがしてその下に潜ったまま動かない。
という日々が続いた末にポックリと…。
かなり乾燥気味のケージ、複数飼育という、今まで私がやってきたしっとりめの
ビバリウムに一種一匹飼いのスタイルを曲げたのがいけなかったのかなぁ
と反省しつつ、でも諦めきれないので再チャレンジさせていただきます!

先日のハムショー便で入ったインド産のスーパーなゲッコーくんを見に行った際に
(ちなみに値段もスーパーでした。ペアで28万円!買えるかんなもん!)
有尾類コーナーも見たらアメイボCBベビーが再び沢山いたので、今回は従来の
スタイル通り一匹だけ。
ケージもびちょびちょではないものの、しっとりめのいつもの私のビバリウムで。
そしたらですね、なんか調子よさげなのですよ。流木にピトッと寄り添いつつも
外の世界にも興味津々という感じで、それが今回の写真。
レプトミンも差し出せば即座にパクッと来るし、飲み込むのもスルッと一瞬で。
moiさんとこの立派に育ったアメイボCBを見たばかりなので、今度こそ
あの子みたいに育てあげたいです。

余談ですが、アルジェはなんか撮れそうな感じです。
早くも人慣れしてきたようで、レプトミンハーフカットをピンセットから
ばくばく食べてます。

やっちゃいました☆

B43R5522s.jpg
前からアメイロイボのベビーが欲しいと連呼していたのですが、
今年版のCBベビーが登場したのでついに入手。
…2匹いますね、はい。
ペペさんとこの写真がツボッてしまい、それに釣られてつい…(笑
http://pepe311.blog.fc2.com/blog-entry-369.html
両爬の中でもマイナーな存在であるイボイモリ。今年は去年より数が
少ないようですし、観賞魚の養殖のような安定供給とはほど遠いペットで
あるわけで、いる時にゲットしてしまえ〜ってことで。
これで我が家のイボイモリは、オレンジ、半分オレンジ、ちょこっとオレンジと
3バージョンが揃って満足であります。
まとめてマッシュ、オルテガ、ガイアとでも名付けようかと思いましたけど、
合計4匹じゃあダメじゃんね。うかつ。
2匹とも餌付けも何もせず最初からレプトミンを食べてくれました。
数がいない割に安価で売られていましたけど、ブリーダーさんの努力に
応えられるよう、もうちょっとお高くても私は全然構わないんですけどねぇ。

B43R5538s.jpg
シェルターを二つ入れたビバリウムをアクリルケージで作ってみましたが、
2匹だと手狭感がハンパない。失敗しました。
グラテラ30x30の4台の内ひとつは空き家になっているので、そちらで
のびのび暮らしてもらうほうがよさげですね。
というわけでこの写真撮ったあとで移動させました。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。