スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有線式むき身


なにか頭に接続してますね…。はい。
我が家に来て五ヶ月目です。レプトミンしかあげてないんですが、
成長が早い。もうマーブルサラマンダーに近いくらいのサイズに
育ちました。
体はブラウンぽくなってきてますが、頭はまだ鮮やかなオレンジです。
いずれこの色は無くなってしまうんですよね〜。今の内にきっちりと
写真に残しておかねばと改めて思うのでした。

B43R8369s.jpg
毎度のセットで登場するジュエルオーキッド、マコデス・ペトラ。
増えました(笑
ずっと右側の株だけだったのですが、ここ二ヶ月くらいで左側からも
ズンズン伸び始めて、今は立派な二株になりました。
ここまでくれば、一年前は死にかけの一株だったとは誰も思わないでしょう!
スポンサーサイト

命名、むき身ちゃん


動物と植物の成長記録を付けていると、今の時期はまさに最盛期なので
ネタはいっぱいあるんですよ〜。
やっぱ、サラマンダーたちは個々にはっきりと名付けてみようかと思いまして、
このテンディファイヤーは普通の黒/黄のファイヤーの皮を剥いたみたいな色なので
「むき身」となりました(酷いセンスだ。笑)
MAXサイズは小さめの種らしいですけど、そこに至るまでの成長速度は早いっぽいです。
三月のドイツ便でベビー状態で来たこの子ですけど、1.5倍くらいに育ちました。
当初はレプトミン小の半分カットしたものをあげてましたが、今では丸ごと一瞬で
飲み込みます。人にもよく馴れています。
見た目で皮膚がもの凄く弱そうなので、とにかく清浄である事には気を使ってます。
今のところ一度も問題は起きてません。

B43R7574s.jpg
このビバリウムにはコツボゴケを多めに入れてあるのですが、最近は流木を
覆うように育ってきていて、いい雰囲気になってきました。
流木にも色々と種類がありますが、私は水を含みやすいものが好みです。
ビバリウム立ち上げ初期は予めガシガシ洗っておいてもカビが生えて
見苦しくなったりしますが、落ち着いてくれば活着系の植物との相性が良いので!

B43R7575s.jpg
マコデス・ペトラも草体は相変わらず不格好ですけど(笑)新しい葉が次々に
展開してきていて、状態はかなり良いです。

ライオンキ〜ング


霧吹きすると必ずこれをやります。
この亜種は、ツエイモリのように高い所に登って周囲を見渡す
習性でもあるんでしょうかねぇ。
霧吹きがトリガーになってる理由はさっぱり分かりませんけど。
まあ全身チェックが容易にできるので飼い主としてはありがたいです。
ちなみに購入してから5日くらいでレプトミンに餌付きました。
シェルターの外でブラブラさせるだけで突撃してきます。良い子です。

しっかし、見れば見るほどゴム人形のような嘘くさいカラーリングですね〜。

さらまんどらさらまんどらあるふれっどしゅみってぃ

B43R5423s.jpg
異世界からなんか召喚できそうな名前ですね。はい。
通称テンディファイヤー。スペイン北部、アストゥリア州はオビエド近郊の
テンディ渓谷という場所だけにいる亜種だそうですよっ。
私が大好きなF1ドライバー、アロンソ様の故郷というのもポイント高いです。

写真の加工しすぎではなく、肉眼で見てもこんな色です。
体は背中の黒いラインと何やら不健康そうなドス黒い黄色。でも頭だけは
オレンジ。これが突然変異の個体ではなく、種としてこんな色だって
いうんだからファイヤーサラマンダーは面白いですね〜。
アダルトだったりペア売りだったら遠慮するつもりでしたけど、ベビーが
一匹のみの入荷で、皮膚の状態も良く元気一杯だったので即決でした。
連れてきた初日からワラジムシをピンセットから食べるし、もっとよこせと
シェルターからグイグイ出てくるし、生態はごくフツーのファイヤーですね。
霧吹きしたら何か気になったらしく、いそいそと出てきました。
ひょっとしたら、あちらのブリーダーさんの元では霧吹き=給餌で、
「さらなるメシが!!」と思ったのかもしれません。

B43R5435s.jpg
ひとまわりして何もない事をやっと理解したのか、「??」という感じで
シェルターに帰って行きましたとさ(笑

B43R5430s.jpg
テンディ用ビバリウム。
実は二月にも脱走事故があり、水槽ビバリウムは全廃しました。
見た目は良いんですけどね…。
というわけで、ストラウヒ用だった20cmキューブは撤去。ストラウヒは
ビバリウムラック3号のアクリルケージに移ってもらい、植物はそのままに
グラステラリウム・ナノキューブに変更。ホソバオキナゴケ、スギゴケ、
マコデス・ペトラだけの割と殺風景な感じに。スギゴケがワサワサして
くればもうちょっと見栄えもよくなるかなと。
流木の奥に益子焼シェルターを仕込んで、倒木の隙間に潜む、
みたいな雰囲気にしてあります。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。