スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌル山 2


こないだ頭だけしか出さなーいと書いたばっかりのスライミーですが、
意外に出たがりだったようで、ピンセット給餌に積極的にガッつく
ようになると同時に、照明下でもぬる〜っと出歩くようになりました。
ムハイ系の中では警戒心が薄い子のようです。
で、改めて見てみると背中側に目立つようなツブツブがほとんど無く、
逆に腹側はブロック模様がぎっちり入っているので、ネットで調べた感じだと
Plethodon glutinosusではなくvariolatus(サウスカロライナ亜種)じゃないの
かなぁ?と。買ったお店ではどこの亜種というのはなく、まあ、あくまで私の
テケトウな判断であります。
色味が白黒オンリーっていうのも海外種では他にあんまりいない気が
しますし、単純に模様だけを見たらフロストサラマンダー(霜)なんて
名前でもカッコイイのではないかと益体もない事を考えたりします(笑

ちなみに、プレソドンで検索すると色々とヤバい世界が広がってます。
四肢だけが真っ赤に染まる種とか。アメリカも凄いのがいるんだなぁ。
自然保護区とか沢山あるので、そういう所のはペットとして流通する
ことは無いんでしょうけどね〜。
スポンサーサイト

ヌル山

B43R5253s.jpg
ヌルヌルした山椒魚、の略です。他意はありません。はい。
スライミーサラマンダーです。
この子のおかげで、ドラクエのぷよぷよしたモンスターが造語じゃなかったと
知りました。勉強になるサラマンダーですねっ。

ご覧の通りシェルターから頭しか出さないので100mmマクロで強引に撮影。
朝、ふと見るとドヤ顔でオープンスペースで仁王立ちしてるんですけどねぇ。
照明が付いている時はこんなものです。
購入から二週間ほど経ちましたが、ピンセットからレプトミンを食べてます。
ムハイ系はビビりであっても食い意地が張っているので、人工飼料への
餌付けも割と簡単な気がします。皆さんもお試しあれ。
というかですね、最近バンナアシナシがトンネル出口に餌を置いてピンセットで
ポカポカ叩くと、それを合図に出てくるようになったのですよ!ここまで半年。
なので有尾類、無足類はホモサピエンス的な時間の流れを忘れて、
もっと気長に考えるのが上策だなと思うようになりました。

B43R5271s.jpg
ホソバオキナゴケをベースに、所々にシノブゴケをバラ撒き、あとはクラマゴケ、
ノキシノブと割とシンプルに。
スライミーは夜は結構歩き回るようなので、ノキシノブがダメージ受けてるような
気がします。意外に葉っぱが硬いからな〜。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。