スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードトゥ…てもう到達してた


猛烈に忙しかった仕事が落ち着いてきたので、更新頻度を上げまーす。

残り物には福がある?というわけでエンゾーさんの売れ残りをゲットした
クルドですが、二ヶ月経った現在、こんな感じです。
ケージを覗き込むと「メシかっ!?」と駆け足で寄ってくるし、
カメラを向けてもこの通り。
購入当初は「クロカタスの幼体なんじゃね?(汗」疑惑も浮上しましたが、
人慣れして観察が容易になると、やっぱりクルドだったので安心しました(笑
ツエイモリというと神経質なイメージがあると思いますが、我が家の子たちに
関してはむしろ陽気なペットイモリという感じです。
飼いやすさの点ではファイヤーやマダラと同等です。レプトミンへの餌付けも
簡単(マルクチ系よりは上だけどムハイ系より断然楽かな…)だしねっ。

ちなみに、左側でわさわさしてるウチワのような植物は、プチレアな獅子葉の
マメヅタです。流木に活着させてあるのですが、かなり調子よく葉が出てきて
いて楽しいです。
マメヅタはアブラムシの好物らしく、わりと付きやすいのでテデトールが
欠かせませんが…。

えっと、関係ない話題ですが、今年最初のハムショーがあったそうで、ただ
買い付けに行っているお店がほとんど無いようなので、有尾類の入荷は
あんまり期待できないのかなぁと思ったり。
そんな中、こないだのオフ会でmoiさんからチラッと伺ったドイツでお店を
やっている日本人のかたのツイッターを見てみると、https://twitter.com/Aquaterrashopjp
あの、なんかフツーにパック入りのカイザーが写ってるんですが…(滝汗
私、サイテスってものを全然理解していないのですが、ドイツで増やして
ドイツで売るぶんには構わないってことなんですかね。
カイザー飼うにはドイツに住まないといけないのか。ハードル高杉。
スポンサーサイト

第三のツエ

B43R5159s.jpg
ツエイモリ追加しちゃいました。
エンドレスゾーンさんに去年の秋のドイツ便だったかな?その頃に入って
ずっと売れ残ってた子。誰も買わないなら私買っちゃいますよ!?てな感じで。
カイザー以外は似たり寄ったりなんて言われてもいますが、結構違います。
真っ黒クロスケに細かい黄斑→ストラウヒ。
大きくて不揃いな黄、白斑で足やお腹は白→クロカタス。
真っ黒クロスケに細かい黄斑…と思わせておいて、喉元、足先、側頭部の
斑が赤くなる→クルド。
って感じなのです。まだおチビちゃんなので赤の発色は薄いですが、ネットで
学名で検索して出てくる写真はそりゃもう見事な赤が乗ってるんですよね。
これを目指して育てて行きまっする。
ちなみにエンゾーさんで長期キープされていただけあって、状態は凄く良いです。
購入から2日目ですがワラジムシを差し出すとトコトコ出てきて3匹も平らげて
しまったし、レプトミンに馴らすのもすぐに出来そうな感じです。

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。