スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君、何思ふ


あ〜メシでも落ちてこないかなっ、だと思われます…。

オラオラ系イモリのダニューブクシイモリ、の雄です。
パッと見でオラついてますよね、顔が。
私にしては珍しく…というか唯一、最初からペア飼いした有尾です。
クレスト全開の姿を見たかったので。
が、とにかく凶暴で、顔を会わせるたびに噛み合い雌が死亡、
雄も両前足の指が1本になるという惨劇となりました…。
水槽内を複雑にしても、結局メシ時には人の姿を追って同じ場所に集合して
しまうわけで、飼いやすさの要素のひとつである人慣れがアダとなりました。
残った雄は元気です。指も生えました。
よく考えると手足が再生するってすごい事ですよね。ピッコロさんですか…。

ADAが販売している詫び草という商品。
ピートの塊に水草を植栽するという手法に、面白いこと考えるなーと
すっかり感心してしまい、割高と思いつつ購入。
伸びるに任せてほったらかしにしていたら、ウォーターバコパが水槽中に
繁茂してジャングルのようになってしまいました。
しかし植物の浄化作用で水は綺麗だし、ダニューブも草の上に乗っかって
ぼーっとしてる場面をよく見るので、このままでいいやっと。
スポンサーサイト

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。