スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ赤なお耳の〜♪


まだオレンジのままですが…。
購入から半年ほど経ったアカミミイボイモリCBですが、成長は非常に遅いです。
まだまだ全然ベビーです。
全長4cmが5cmになったくらいかな。よく食べるんですけどね。はて?

B43R7624s.jpg
アカミミのビバリウム。
赤い茎が特徴のピレア・グラウカの勢いが良く、蓋の開閉が面倒になってきました。
というかアクリルケージで作るビバリウムは大抵こうなりますね。
いい加減学習して、上に伸びない植物をメインに作らねば…(笑
それと左側のホソバオキナゴケが枯れかけてます。
どうもアカミミによるストンピングの影響のようなんですが、ひとつ大きな疑問が。
同じ苔を使っていて、アカミミよりは断然デカいマダラファイヤーやクロカタスの
クイーンのビバリウムでは全く問題が無いのです。見るといっつも苔の上を
ノシノシ、トコトコ歩いているんですけどね。
しかしコイチョウイボイモリのケージでは、やはり一部で枯死が起きている…。
何やらイボイモリだけ特別な歩法、あるいは分泌物でもあるのでしょうか。
う〜ん、謎です。
スポンサーサイト

アカミミ大地に立つ!!


立ちました。はい。

ガラスがきったないですが、全てこの子が毎日ペタペタやる所為です(笑
脅威の国内CB!
11月頃だったかな、プミリオさんに数匹入って国内CBだと聞いて驚いたのですが、
その時は購入せずあとで後悔しました。ほんで年末にハチクラ大宮にお目見えし、
ダッシュで手に入れました。
石ころのようないかにも不活発そうな姿でしたが、お店のお姉さん曰くコイチョウを
育てているなら楽勝ですよと。ほんとかな〜とだいぶ懐疑的でしたが、
すいませんホントでした。めちゃ活発です!
まだ全長40mmほどのチビっこですが、人の姿を追って右に左にトコトコ歩き回るし、
ご覧のようにメシくれポーズはするし、見ていて実に楽しいですね。
最大の特徴のアカミミ部分はまだ淡い黄色という感じ。尻尾は既になが〜いです。
一瞬「えっ」と思うくらい割と高額ですが、この健康優良児っぷりなので
全く文句はありません(笑

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。