スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Road to ベタ慣れ  〜ベタ慣れミミズへの道 4


お久しぶりでございます。
最近ツイッターを始めたらそっちのほうばかり掛かりきりになってしまいまして。
複数のコミュニケーションツールを同時に使いこなせないブッキーなKJでございます。

復帰一発目はバンナアシナシイモリの「みみず」です。
ずっとミミズ(餌用の本物)専食で栄養面で不安があったのですが、夏の頃から
冷凍イエコも食べてくれるようになりました。
普通のイモリ並みかそれ以上に口が大きく開くので、ほぼ体の太さ=食べられる餌の
サイズという公式が成り立ちます。獲物を咥えても穴の奥に引きずり込むこともなく
その場で食べるので、今ではこういう写真は容易に撮れます。
ちなみに爬虫類界で話題沸騰?のグラブパイ、我が家にもゲッコーたちの為に
導入済みでして、ついでにこの「みみず」にも食べさせようとしているのですが、
絶賛スルー中です(笑

B43R9082s.jpg
はい、これが本題。
アシナシ師匠こと崩れさんが指にじゃれつく動画を公開しているので、
私もそれっぽい事を真似てみました!
…実際のところ指に絡んでいるわけではなく、「みみず」が餌を欲しがって地上で
にょこにょこしている進路上に私が指を差し出し、ナンダコレハとつんつこしているだけ
なのですが(笑
スポンサーサイト

Road to ベタ慣れ  〜ベタ慣れミミズへの道 3


「逃げも隠れもしないぜ!フハハ!さあメシをよこせ!」

…という感じになりました我が家のバンナアシナシイモリ。
命名:みみず
この子が人語を解したなら絶対に猛抗議することでしょう(笑
最近は腹が減るとこうして土の上ににょろ〜んと出て、給餌を待ってます。
実に分かりやすく、管理の面では非常に楽させてもらってます。
前は餌を咥えるなり穴の奥底まで引っ込みましたが、今はその場で
くっちゃくっちゃとあまりよろしくないマナーで食べてます。
食べ終えて引っ込めば満腹。引っ込まなければモットヨコセの合図です。

B43R7387s.jpg
モットヨコセの時はしばらく動かないので、ご尊顔をドアップ撮影してみました。
黄色い帯の先端に、うっすらと青い小さな点が見えるかと思いますが、これが目です。
視力はほぼ無いみたいですけど、これが付いてる為に、ああ両生類だなって感じが
しますよね。無ければ完全にミミズだ(笑

で、Road to ベタ慣れですが、まだ終わりませんよ〜。
アシナシ師匠(勝手に認定)の崩れさんとこは手乗りアシナシという驚異的な事を
やってのけてますし、この子を購入した時のプミリオさんでの与太話、メシ待ちするくらい
馴らせばレプトミンを食べるかも?というテーマに今こそ取り組む時ですしね!
ちなみにさっき試してみましたが、「うわぁなんか変なの来たぁぁ」と引っ込んで
しまいました(笑

Road to ベタ慣れ  〜ベタ慣れミミズへの道 2

B43R7330s.jpg
うれしい事が立て続けにあったので、本日2記事目。
どうです!ご覧ください!
照明が付いてる時に、自発的に穴の外まで出てきて餌を食べました!

いつも通り…というかいつもよりだいぶ地表に近い場所でメシ待ち
しているバンナくんを発見。餌ミミズを穴からだいぶ離れた所に置いて
カメラを構えたら、ものの数秒でにょろ〜〜んと出てきてパクリ。
いやっふー!とリアルで言ってしまいました(笑
というわけで、ようやく自信を持って言えます。
派手な上に姿や生態が面白いバンナ/コータオ・アシナシイモリ、
とっても良いペットだと思いますよ!皆さんもいかがでしょう。

今後の目標は「穴の外でメシ待ち」これですね〜。

Road to ベタ慣れ  〜ベタ慣れミミズへの道 1


最近、我が家のバンナくんが段々と人慣れしてきたので、
ベタ慣れを目指しての活動報告を不定期連載することにしました。
まず現状ですが、ケージの照明が消えた状態で(部屋の明かりは付いてる)、
ケージ前面の人から見える場所(2面から観察可能)で待機しているという条件だと、
トンネル入り口に餌を置いてピンセットでポンポン叩くと、即座ににょろ〜んと
上昇してきてパクッと食べます。
で、この状態だと写真を撮るには暗すぎるので、カメラを構えてにょろっと出てきた
ところで照明オン!
「あ…」(固まる)
「やっぱ…」(しゅるるる)
「いいや…」(すぽんっ)

というわけで引っ込んでしまいました。
ファーwwww

写真は食す寸前で固まったところ。
左側の黄色いラインが伸びてるのがバンナで、その先の赤いのが餌ミミズです。
ちなみにこの後、消灯したら10秒くらいで再登場して食べました。
人慣れを促すために餌投げ込みはせず、メシ待ちしてる時だけ給餌するように
しているのですが、その間隔がだいたい週一。
あんまり不意打ちすると逆効果になりそうなので、もっと大胆になるまで気長に
やる必要がありそうです。

B43R5354s.jpg
ローテの土替えを敢行したので、丸洗いして新しい土を充填する前のケージで
全身チェック。左のが頭です。
こんな形の生き物に「イモリ」と名が付いてるのも妙な感じがしますね…(笑

B43R5363s.jpg
ちゃんと紹介してなかったので、バンナケージ。
アクリルケージに水分多めのヤシガラを10cmくらい充填。
ビバリアのシートヒーターをケージの後ろ半分くらいに設置し、ヒーター上が
25度、外が20度くらいの環境です。
ビバリウムには当然できませんが、何か1点だけ植物を…てことでバンナくん
にはいい迷惑でしょうけど、根っこをガードする為に鉢植えをそのまま入れて
あります。タマシダが伸びてきて蓋の開閉に難儀するようになったので、
横に伸びるビレア・デプレッサに変更。
手前のは地温計という、土中の温度を計る園芸用品です。

スクープショット!

B43R4939ss.jpg
我が家の巨大ミミズくん、バンナアシアシイモリの撮影に初めて成功しました!!!

…え〜っと、自宅にいるマイペットなんですけどね。
今更やっと写真一枚でこの騒ぎですよ。
しかもほんとは手前の葉っぱの上まで伸びてたんですが、あああカメラカメラ
とやっているうちにニョイ〜〜ンと縮んで行き、この写真の直後にスポンッと
消え去りました。おふぅ。
まあアクリル面に沿った穴の中でにょこにょこしている姿は時々見るんですが、
照明が付いてる時にこんな風に外に出てるのを見るのは初めてでした。
手前の見える所にいる時にミミズを投入するとパクッと食い付く姿が見れますが、
咥えたまま「はいさようなら〜」と奥に消えます。
ネット界隈では崩れさん家の子たちが有名?だし、我が家のバイブルにも
p107『無足目』の項で慣れると書かれているし、私もそれを目指してはいるのですが
今のところ成果はサッパリです。
ビジュアル的に一般受けはまずしない生き物だとは思いますが、バンナやコータオは
頭から尻尾まで黄色いラインが伸びていて、これがけっこう綺麗なんです。
ただのミミズじゃこうはいかないよ〜(笑

プロフィール

KJ

Author:KJ
シッポのある生き物の記録

https://twitter.com/KEf3g

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。